2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

マイホームページ

無料ブログはココログ

2018年11月26日 (月)

紅葉狩りバスツアー

11月22日~23日。一泊のバスツアーに行ってきました。

播磨の小京都と言われる龍野の紅葉谷を散策。
11222
ここは童謡「赤とんぼ」の詩を書いた三木露風の故郷で、立像と歌碑が立っています。
桜の名所でもあるそうですが、紅葉もきれいでした。
昼食は、暖かいそうめん(にゅうめん)で、資料館もありました。
姫路に向かい、姫路城のとなりにある「好古園」へ。
姫路城の華麗な姿も眺められる素晴らしい庭園でした。
Page1123
いくつものお庭が趣向を凝らしていて、ゆっくりと巡って見たかったけど、時間に
せかされながら、人ごみをかき分けて見学しました。
宿泊は塩田温泉。本当に久しぶりにゆっくりと温泉に浸かりました。
翌日は、京都へ。
夫が「行きたい行きたい」と望んでいた京都の紅葉を見に行きました。
この時期、混雑は覚悟していましたが、案の定、渋滞。
それでも、上手く迂回しながら、何とか予定の1時間遅れで南禅寺に到着。
都ホテルの前から歩いて南禅寺に向かいました。とちゅうの「湯豆腐」の名店には
長蛇の列が・・・・!待たされても食べたいんですねぇ(;´д`)トホホ…
そこから永観堂へ。こちらも徒歩で移動。
とにかくものすごい人でした!
11233
写真を撮ろうと思っても、人の頭ばかりが写るようで、思うように撮れませんでした。
それでも、人波をかき分けて「見返り阿弥陀」まで登って拝観してきました。
一人静かな秋を楽しんだことが、今は昔の物語です。
古都の風情なんて、どこにも無かった。
忙しく、落ち着かない旅でした。

2018年9月 2日 (日)

バスツアー松山方面

8月26日(日)友人たちと、バスツアーに参加。

Matuyama_1
しまなみ海道を走ります。カラリと晴れ上がった素晴らしいお天気。
Matuyama_2
村上水軍の本拠地ということで、水軍の旗が揺れています。
橋を渡って今治市内へ。松山方面へ向かって走り、北条港へと向かいます。
島内にシカがいることから、シカをシンボルマークにした船で北条鹿島へ。
Matuyama_3
すぐに観光遊覧船に乗り換えて、島の周りを観光。
伊予の二見と言われる島です。
毎年、注連縄を変える行事があり、たくさんの観光客が来るそうです。
Matuyama_5
松山市内のランチの後は、道後温泉の散策。
Matuyama_6
Matuyama_7
この後、伊予市駅からJR伊予灘線に乗り、下灘駅に向かいます。
絶景の駅ということで期待が高まります。
Matuyama_8
みんなカメラを撮ったりしながら、暢気なローカル列車の旅を楽しみました。
Matuyama_9
Matuyama_10
ほんとうに海のすぐそばの駅!到着時間は17時。
もう少し、遅い季節なら素晴らしい夕日が見れたことでしょう。
『インスタ映えスポット巡り・愛媛編』のバスツアー。
遊覧船・JR電車と乗り換えながらの楽しいツアーでした。
暑かったけど、お天気の良いのが何よりの一日を過ごせました。







2018年2月13日 (火)

白竜湖リゾート

友人たちと一泊の旅へ。

広島駅までの送迎バス付きで、のんびり遊ぶ一泊でした。

市内は、時折小雪が舞い散る寒さ。現地は、高速道路を下りてから山側に入って

いくので、きっと雪があるだろうと期待して行ったが、全く雪の気配もない。

Haku_2

でも、よく見ると、湖面にうっすらと氷が張っている。

Haku_1

遊歩道を散歩しながら、写真や動画を摂った。風があまりなかったので、

寒さも気にならず、あちこちを撮りまくった。

温泉にゆっくりつかったあとは、お待ちかねの夕食。

Haku_6


熱々の料理が次々に運ばれてきて「食べきれなぁ~~い」と言いながらも

飲んで食べて、おしゃべりして・・・。最後のご飯は、「少しでおねがいします」に

なっちゃったよ。

本館から別に一棟建ての離れになったお部屋は、湖を眺められる景色が素敵。

部屋に帰るとさっそくスマホで写真をFBにアップします。

オカリナの上手なSさんが持って行くと言ったので、ほとんど吹いた事が無い

けど持っていた私たちが教えてもらって練習。

音は出るけど、きれいな音には程遠かったなぁ。でも、ちょっとヤル気になった

ので、先ずは簡単な曲を練習してみたいな。

タブレットのピアノで、合奏もできました。

百均の接写と魚眼のレンズで、お試しの写真を撮ったり、ワイワイ楽しい

スマホとタブレットの勉強合宿でした。

Haku_8

朝、目が覚めると、一面の雪景色が広がっていてビックリ!

Haku_7

同じ景色が、朝焼けの中で、全く違って見えました。

朝食中もチラチラと降りやまぬ雪国の景色も堪能し、昼前にホテルを出ました。

帰り道、凍った道路で少し怖い思いがありましたが、無事に広島駅着。

来月のPC勉強会では、この写真を使って「ムービー作りの勉強会」をする予定。



2017年7月23日 (日)

中欧の旅 その他編

今回は国内線2回、国際線4回の飛行機乗り換えで、広島空港、成田空港、

ドーハ空港、ブダペスト空港、ウィーン空港を通過しました。

中でも乗り継ぎの時間が長かったドーハの空港は、いろんな国々の人が往来する

広い空港でした。

Dsc04120
大きなクマの人形の頭のところにライトが付いている。この時間は、現地時間の

午前4時です。日本との時差は、7時間あります。

国際便は、すべてカタール航空の利用でした。座席には、毛布とミニクッションが

置いてあり、こんなセットが配られました。

Dsc04846
ソックス、アイマスク、耳栓、歯ブラシセットが入っています。これって初めて。

機内食も、いつもはあまり食べれないんだけど、今回はあまり違和感なかった。

食事と言えば、量の多さには苦労しますよね。

前菜(スープやシチューやサラダ)一品、メイン料理、デザートのパターンですが

その一つ一つが量がたっぷりで、他にパンがあるんだものね。

飲み物は、たまにミネラルウォーターがテーブルに置いてる時もあったけど、

基本は、ビール、ワイン、ソフトドリンクの注文です。

「ハンガリーとチェコは、ビールが美味しい。ウィーンはワイン」とのお薦めでしたが

私は、ほとんどビールで美味しかったですよ。

特にお気に入りの料理を一品載せてみます。

Dsc04656
牛肉料理に付け合せのポテトフライ。かかっているのがホウレンソウのソース。

右奥の方に二つのソースが写っているんだけど「酸味の効いたチーズ風」と

「甘いアプリコットジャム風」のもので、使い分けてプラスするそうです。

ソースの味はあまりなじまなかったけど、少しづつ挑戦したよ。

毎回出る甘いデザートは、こってりケーキが多くて、ちょっと持て余しました。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

ウィーンでの最後の夜に時間が取れて、ホテルのそばのスーパーに行って

みました。カートも、すごく大きくて、直接品物を投げ入れます。

野菜果物など、パックなんてしていません。

パスタ類や紅茶やフレーバーティー系のパック、チョコレートなど買いました。

レジでは、ゴロゴロと品物をレーンに流してくるので、急いで袋に詰めます。

グズグズしていると次の人が待たされるているので気が気じゃない。

お土産はチョコレートと思ったけど、日本の暑さで、帰宅して見たら溶けて

柔らかくなっていてアセアセでした。当分、冷蔵庫から出せませんね。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

最後に、バスの旅の困りごとのトイレですが、ホテルなどは問題なくきれいなの

ですが、SAなどは、ちょっとしたショップについているところで有料だったり、

一つしかない、しかも男女共用と言うところもありました。

なので、レストランの食事の後の化粧室使用が義務のようでした。

そうしてみると、日本のSAのトイレは、最近はとても充実していてきれいなところが

多くてすごいなと感動しています。

長い旅のお話に付き合って下さって、ありがとうございました。

まだまだたくさんの写真、またいつか思い出しながら書いてみたいと思います。

ひとまずこれで・・・。

中欧の旅 その3

夏の季節なので気温は30度近くになると聞いていたが、湿度が低いので快適。

プラハ城に行った時は、「寒い寒い」と声が上がった。地元の人は、平気で半袖

だったけど、私たちは、長袖に上着、さらにウインドブレーカーを重ね着していた。

町のカラフルさに心ひかれたは、ショーウインドウとお花たちのせいでしょうか。

Dsc04241

ハンガリーからスロバキアへ国境を超える手前のヒマワリ畑。広大な土地いっぱいに

向日葵が植えられて、麦の畑とがきれいな模様を描いていました。ソフィアローレンの

映画が懐かしい風景です。

Dsc04628
修道院のお庭の木、不思議な形に剪定?それとも自然に?

お庭はもちろんでしょうが、お手入れを欠かさないのでしょう。

Dsc04247

Dsc04696
Dsc04658

Dsc04752

町角のカラフルな色合いを集めてみました。見てるだけで楽しいわぁ。

Page002
Page001_2
車のナンバープレート(上の段の真ん中の写真)の青地に白い文字の部分が国名。

{A}と書いてあるのがオーストリアの車。隣に{CZ}とあったのはチェコの車。

国境近くは、いろんなナンバーが走っていました。

サービスエリアのごみ入れ。言葉が分からなくても、一目瞭然だよね。








2017年7月22日 (土)

中欧の旅その2

ヨーロッパの国で感動するのは、やはり建造物の美しさだろう。

王宮と教会の見学が多かったが、街並みの美しさもバスの中から堪能した。

ブダペストの町とマーチャーシュ教会。

Dsc04134

Dsc04165

プラハの町角の水飲み場。ワインがあふれてきたこともあるとか・・・ないとか!!

一瞬人だかりが途絶えてパチリ(*^-^)

Dsc04344

Dsc04547
チェコらしい色合いの建物が並ぶ広場。片隅の水飲み場にまぁ!

写真家 I さんのようにはいかないけどパチリ!

Dsc04531

チェスキークルムロフの町並みを見渡すクルムロフ城の石垣を窓枠に

見立てて、パチリ!

Dsc04570

Dsc04594

とにかく、どこも石畳の道を歩きました。

Dsc04724
クルーズ船から下船したところの古い教会。

ガイドブックで紹介されている有名な王宮・教会・修道院などにも行きました。

町に銅像が多いのも、驚きます。

その中でも特にすごかったものを一枚だけ。

Dsc04808

ウィーンで撮ったマリアテレジアの銅像です。

この側面には、子供の頃のモーツアルトが彫刻されています。

ハプスブルグ家の歴史物語は、世界史好きにはたまらない楽しさでしょうね。

ちなみにマリアテレジアの16人の子供たちの中の末っ子がマリーアントワネット

だそうですよ。























2017年7月21日 (金)

美しのドナウと中欧4ケ国物語その1

2017年7月10日、広島空港から羽田空港へ。リムジンバスで成田空港に向かう。

成田空港発、機内泊でドーハ空港へ。さらに乗継でブダペスト着。

ハンガリー(ブダペスト) ~ スロヴァキア(ブラチスラバ) ~ チェコ(プラハ)~

オーストリア(ウィーン)の都市を巡りました。

何度も戦禍の波に洗われ、統廃合を繰り返してきた複雑な事情を抱えているで

あろう国々ではあるけれど、現在は、Central Europeとして交流しながら国境も

ほとんど気にせずに通過しています。

どの国も古い建物を保存し、王宮や教会、修道院など素晴らしい建造物を観光

して歩きました。今回の旅のまとめは、ちょっと違った視点も加えてまとめてみようと

思います。

先ずは、旅のメインとなるクルーズから。

ブダペストでの夕食後、くさり橋からのクルーズに。薄暮の中を出発です。

(画像はクリックすると大きくなります)

Dsc04195

だんだんライトアップされて行く様子が素晴らしい。たくさんのクルーズ船と

すれ違いました。

Dsc04216

Dsc04213
Dsc04221


旅の終盤、オーストリアのヴァッハウ渓谷のクルーズ。

Dsc04678

Dsc04693
♪美しく青きドナウ♪でした。

想像していたより大河で、ゆったりした流れのドナウ川と並んで有名な

モルダウ川に架かるカレル橋をプラハで渡りました。

たくさんの彫刻が施された欄干が素晴らしい橋でした。

Dsc04495
Dsc04511

橋のたもとにくくりつけられた鍵です。

Dsc04458















2017年4月23日 (日)

道の駅

4月8日から11日のドライブで、寄り道したSAや道の駅の中から紹介します。

山陽高速道の吉備SA。

Sdsc03898
お土産は「きびだんご」。美味しいパン屋さんもあります。

第2東名高速道の沼津SA.。大きなSAで、駿河湾の素晴らしい景色が一望できる。

Dsc03958
道の駅「朝霧高原」。晴れていれば、富士山が目の前に見れるところ。

Sdsc03965

20170412120910
ほんの一瞬、チラリと見えました。

Dsc03966
高原のキャベツを買って帰りました。夏には、キャンプなどで賑わうところです。

中央高速道の諏訪湖SA。

Dsc03974
Dsc03975

諏訪湖を眺めながら休憩できます。地元のリンゴや野菜も売っていました。

最近は、どこのSAも、女子トイレが数も多くなりきれいに整えられています。

地域の特産品をはじめ、少しい遠くの地域のものまで売られていて驚きます。

ドライバーの休憩場所としても大切な施設なので、充実することは、うれしいですね。









2017年4月18日 (火)

さくら旅・その2

9日、数年ぶりの静岡へ。

東名高速を降りる頃には、日が射してきて明るくなってきた。

息子の家に向かう途中で、以前住んでいた家の辺りを走った。道は、ほとんど変わって

いなかったが、住んでいた家は建て替えられていたし、周りにあった畑や田んぼは、

みな宅地になっていて年月の経過を知らされた。

友人達には会う時間が取れないと思い、連絡せずに素通りしてごめんね。

またいつか、次はゆっくり行きたいなぁ。

Dsc03954
Dsc03957
10日、念願の松本城へ向かう。

Dsc03981
Dsc03987
お城の天守閣まで上ったが、大勢の観光客(特に外国人の姿が多かった)が、

繋がって急な階段を上るのでキツかったぁ!

Dsc03996
雪を頂いた八ヶ岳連峰とお城の景色が素晴らしかった。

ほんとなら、高遠の桜を見るはずだったけど、咲いてないという事で取り止め。

早めに昼神温泉に入った。

Dsc03997
この奥に露天風呂、上の階に大浴場があり、旅の疲れを癒してのんびり。

アルカリ性の強いツルツルになる泉質が心地よかった。

名物は、馬刺しということで、柔らかい肉質の美味しい馬刺しだった。

いつもの年なら、花桃が咲いているそうだが、今年はほんとうに遅れていると

のこと。翌日は、大雨になり観光もなく帰路についた。

Dsc04001
朝市広場も雨に打たれて、観光バスの人が出発した後は、閑散としていた。

ドライブの道中が長かったので、あちらこちらのSAや道の駅に寄ったので、

その話はまた後日。


 










さくら旅・その1

今年の桜は何だか変!なので、早くから予定していた信州の桜は、見れないかも

しれなかったが、日程変更できないのでこの日の旅立ちとなった

8日、岡崎泊をめざして早朝ドライブ。まずは、味噌煮込みうどんの昼食へ。

Dsc03900_2

   (画像は、クリックして拡大できます)

しっかり太めのうどんに八丁味噌の味が絡んで美味しい!

八丁味噌蔵の見学へ。

Dsc03912
Dsc03909
Dsc03911

八丁味噌は真っ黒の塊で、使うにはちょっと違和感があるけど、赤だし味噌が

好きな夫の希望で購入。上手く使えるかしらね・・・

雨が上がりそうなので、岡崎城へ行ってみた。ちょうど桜まつりで、明日は、家康の

行列があるということだった。桜は見ごろで、大勢の人が出ていた。

Dsc03918
Dsc03939
岡崎城公園内のからくり時計も、家康公!

Dsc03931
Dsc03949
きれいな桜を堪能できて良かった(*^^)v 














より以前の記事一覧