無料ブログはココログ

マイホームページ

« 府中南公民館の楽集会パート3 | トップページ | 待望の雨 »

2019年1月30日 (水)

夫の手術

夫が白内障の手術をした。

あまり病院とは縁がない我が家なので、少しためらっていたが、周りの仲間に
「簡単なんじゃけえ・・よう見えるようになるわ」と言われて、片目を手術してみようと
決心したようだ。
「付き添いしようか?」と言ったら「付いてきても退屈じゃろう」と言うので
それもそうだと思い行かないことにした。
歩いてもいける総合病院なので、帰りはタクシーに乗ればいいよと送り出した。
12時までに来てくださいと言われていた。
着いてすぐに検査があり、手術後少し休憩していたそうで、2時過ぎに帰宅した。
痛みはないとのことだが、眼帯が大きくて痛々しい。
明日の朝、検査に行って、異常がなければ眼帯は外れるとのこと。
一週間ぐらい目薬を点眼しながら様子を見るようだ。
数種類の目薬を袋に入れて持ち帰っている。
術後の経過が良ければ、クリアな視界が開けると期待している(◎´∀`)ノ

« 府中南公民館の楽集会パート3 | トップページ | 待望の雨 »

コメント

オッキィさん

ご主人の白内障の手術無事終わったのですね。
あとは言われたとおりに目薬をしっかり差していれば大丈夫。
眼帯をとった瞬間世の中がパッと明るく見えることでしょう。

私はまだ白内障の心配はないのですが
周りには手術をした人がたくさんいて
皆「すごくきれいに見える!」と喜んでいます
旦那様もきっと明るくきれいな世界を手に入れられることでしょう
その昔白内障の手術で何週間も入院していた時代がうそのようですね

setsukさん、手術自体は、ほんとうに簡単だったようです。
多くの方たちがしている手術なので安心はしていますが、
眼帯を外した結果が思ったほどじゃなかったみたいです。

一週間後の結果が気になります。

ビオラさん、私も白内障の心配はないのですが、
眼圧が高くなるので、抑える目薬を使っています。
そっちの方が、あまり良くないのかもしれないけどね。

いずれにしても、あれこれと気になるところが出てきますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 府中南公民館の楽集会パート3 | トップページ | 待望の雨 »