2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

マイホームページ

無料ブログはココログ

« 弥生の月へ | トップページ | りっしんべん »

2017年3月 2日 (木)

送別会

書道教室で一番の若手で、次年度も代表を務めて下さると言っていたMさんが、

ご主人様の転勤で群馬に転居することになった。

ほんとうに残念で仕方がないけど・・・・

今日、教室の後で、先生も参加しての送別会を予定した。

あいにくの雨だったが、全員参加しての送別会。

Mさんの明るい人柄がみんなに好かれていたので、別れを惜しむ全員が参加。

貴女なら、どこへ行っても、どの場所でも、素敵な花を咲かせると思います。

LINEや、FBで、いつでもつながっている今は、離れる感じがしないよね!

また、楽しいお便りを待っています!

« 弥生の月へ | トップページ | りっしんべん »

コメント

寂しいけれど、新たな旅立ちのお祝いですね。

私達も、オッキィさんやTさんが、こちらを離れられた時寂しかったよ!
でも、お二人共ずっと皆とつながっていて、嬉しく思っています。
皆で大事に長く育てて行きたいですね。

先日遺憾におもう別れ方をなさった方が有りましたが、寂しい人生の歩み方だな~と思いました。


旅立ちの季節ですね
私はずっと地元で転居の経験はありませんが別れはさみしいでしょうね
でもおっしゃるように今はつながる手段があり
昔ほどの距離感はないのかもしれません
私もパープルさんがおっしゃるようなさみしい別れをした友がいます
世界を狭めてしまった友の事を時々思い出しては残念な気持ちになります

パープルさん、あれからもう10年近くの歳月が流れようとしています。
とても信じられないくらいの月日の経過ですが、いつもお仲間に入れて
もらっていて、うれしいですよ。感謝してるよ。

これからも、ずっとずっと、仲間でいたいと思っています。
よろしくねぇ(*^^)v

ビオラさん、慌ただしい別れを何度繰り返した事か!
落ち着いた生活のできる事が、羨ましかったです。

今は、ずっとこの地での生活ができると思い、近所の公民館活動に
精を出しています。

人それぞれの思いがあるのでしょうが、後味の悪い別れ方は嫌なものですよね。
いつまでも、心のどこかにひっかかっているようで、こちらが辛くなります。
ビオラさんも、そんな経験がおありなのね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弥生の月へ | トップページ | りっしんべん »