2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

マイホームページ

無料ブログはココログ

« 友人たちと共に | トップページ | お楽しみの計画 »

2016年6月29日 (水)

封書のお便り

Bldsc03247b

京都に住む従姉のYちゃんから、「新聞にこんな記事が載っていたよ」と封書が

届いた。

シニアのネット活用についての記事の関連で、「スマートシニアここにも」という

見出しで、「大正生まれのブロガー」さんが、自分で撮った写真をブログに載せる

ことを生きがいにしているとの記事。

その記事には、大学教授が「ネットの便利さを体験した人は、年をとっても使い

続けるため、10年後には80歳以上の半数がネットを縦横に活用する「スマート

シニア」になっているだろう」とコメントしていた。

ところで以前は、メールのやりとりだったけど、最近は、Yちゃんとのお便りの

交換を楽しみにしている。

彼女いわく、「切手がたくさんあって、使わないともったいないのよ」

たしかに、我が家にも、昔の記念切手や古いハガキ、便箋などがたまっている。

少し手間はかかるが、文字を書くことも、それなりに楽しいことだよね。

かくして、たくさんの切手を貼った封書が届くことになった。

ポストを覗く、手に取った封書を開くこと、楽しみにしています。

« 友人たちと共に | トップページ | お楽しみの計画 »

コメント

従妹さんからの封書のお手紙は切手の処理を兼ねたものですかぁ(笑)
メールに慣れた最近の手紙はすごく貴重でうれしいものですよね
それに応えてオッキィさんもお手紙を・・・
PCやスマホの便利さもですが手で書く楽しさはポストを覗く楽しさも加わって
うれしさ倍増かもしれませんね
「スマートシニア」の記事には私もPCに楽しみを見つけた高齢者の一人に数えられるかしら?なんて・・・

ビオラさん、そうなんですよ。切手って、捨てる事は出来ないし、かといって、
他に使い道ってないでしょう?
使用済みなら、心痛まずに処分できるかなぁって思いますが、
今でも、使用済み切手の回収、再利用など、あるのかしら?

ついつい、返事の早いメールで、用件をすませちゃうので、のんびりとした
手紙は、気合を入れないと、なかなか書けないのが本音です。

はがきや封書のお便りって、人のぬくみが伝わって来ますね。

メールやラインとは、別の世界ですよネ。

かつて、下手な字で、封筒や便箋、切手に、小さな宇宙を感じながら
出していたのに、すっかりご無沙汰。

暮らしを慈しむ心の欠如だと反省しています。

使用済みの切手回収、私のいく整骨院さん、なさっているのよ。

お手紙交換、ぜひ続けてね。 素敵です!!


パープルさん、心のゆとりを持ちたいですよね。

ネットで見ると、使用済み切手に価値があるらしいですね。
消印に魅力があるのだとか・・・
探してみれば、回収ボックスを置いているところがありそうです。
気をつけて見る事にしたいと思うわ。

手紙って貰うとうれしいですよね。

亡くなった102歳の母が、いつも「手紙は何度でもいつでも読めるからうれしいよ
ねえ}と言っていたのを思い出します。

とりあえずお礼はメールで済ませて、書状ついつい・・・・という昨今。
豊かな気持ちを持ち続けたいですね。

ゆめさん、忙しいを理由にしてしまう日々に反省ですね。

それでも、返信をすぐにもらえるメールは、捨てがたいよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 友人たちと共に | トップページ | お楽しみの計画 »