2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

マイホームページ

無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

冬越し

今朝の冷え込みはけっこうきつかった。

お天気も良くなり、半日時間が空いたので冬越しの支度をすることにした。

ベランダに出したままになっていた「シャコバサボテン」や「ポトス」等の鉢植えを

家の中に取り込むのだ。まず、家の中で鉢を置く場所を確保しなければならない。

三段棚のキャスターがあるのだが、それはすでに雑誌類や書類が占領していて

使えそうもない。仕方がないので他の棚を整理してスペースを空けた所にポトスを

置くことにした。夏の間にすっかり大きくなっている。枯れた葉や延び過ぎた所を切り、

切ったものは水に挿して浴室に並べて置いた。

花の咲くものは日当たりの良い南側の窓のそばにまとめて置く事にした。

引っ越してきた時に「今度はあまり鉢を増やさないように」と夫から釘を刺されて

いたのにまた増えちゃった( ̄∀ ̄*)

本当はポインセチアやシクラメンを買いたいんだけど まだちょっと我慢しているの。

並べた鉢を見ての 今夜の夫の反応次第ね。

2006年11月29日 (水)

大きな人

今日は とてもよい気分で帰宅。理由は友の気持ちの良さにある。

明るい笑顔でニコニコと迎えてくれる貴女。優しい心で接してくれる貴女。

心からの気遣い、気配りで居心地良くさせてくれる貴女にとてもよい気分に

させてもらいました。

とてもうれしかったわ。ありがとう!“O( ^ - ^ )O”!

体も大きい貴女だけど 心も広くて大きいなぁって思ったわ。

少しでも見習って近づきたいなぁ・・・

2006年11月28日 (火)

なめこ汁

午後から北風が吹いて気温が下がってきた。

あと二日で12月だもの、寒くなって当たり前よね。

今夜は冬の定番味噌汁を作ろうと思った。

「なめこ」と「大根おろし」のシンプルな味噌汁。

大根おろしはたっぷりとおろして汁ごと入れる。

夫が学生時代に青森出身の友人から教わり、それ以来ウン十年。

冬になると必ず作る定番なのである。

しっかり体が暖まり ビタミンCも採れて風邪予防にも良いと聞いた。

味噌を少し多めに効かせるのが美味しいと思う。

2006年11月27日 (月)

太宰府へ

雨の中、太宰府へ紅葉を見に出かけた。

かなり雨脚が強かったので「どうかしら?」と思ったのだが、車を出してくれる友が

「へっちゃらよ~。雷だってOK!」というので「それならGO!」というわけである。

「せっかくだから かまど神社もいきたぁ~い」というと気持ちよく連れて行ってくれた。

少し奥の宝満山への登山口まで行き、そこから引き返して竃神社へ。

061127kamado_028s

前から一度行ってみたかった竃神社は 想像していたより奥が深くて 

もみじを眺めながら 階段をゆっくり登っていくとかわいい神社があった。

雨の中で見る黄色がとても良かった。階段に散り敷いたもみじも風情があった。

そこから 光明禅寺へ。

今日はさすがに人が少なくてゆっくり庭を眺める事ができたのはうれしかった。

061127kamado_059s_1

タイミングよく紅葉を見るのはなかなかたいへんなのだが今日は静かな中で

写真もゆっくり撮れたから、雨もまた良しo(*^▽^*)o~♪

2006年11月25日 (土)

フェスタ

毎年開かれている「あすばるフェスタ」が今日行われた。

私は今年で3回目の参加。毎年の年中行事であるが去年よりは今年と少しづつ

向上している所が素晴らしいなと思う。

今年のテーマは「さあ、前へ!あなたの一歩が大きな力」そして「わくわく!どきどき!

シニアのパソコンライフ」である。

「ポチ袋」「箸袋」「年賀状」「カレンダー」「パソコン体験」の各班に分かれて活動。

それぞれの班でつくったものをお持ち帰りいただくように準備していた。

大勢の方達が立ち寄って下さり、賑やかな中に充実した時間が過ぎた。

お正月の準備として作品を持ち帰っていただけたのはうれしい事!

今年の反省をふまえながらまた来年へ続いていけるようにと思った。

2006年11月23日 (木)

加羽沢美濃さん

先日のバスの旅のビデオや写真を編集してDVDに仕上げてくれた友がいる。

いただいた方達全員が言葉を尽くして褒めちぎっているほど素晴らしい出来映え。

画像もさることながら 私はBGMに使われた音楽にも興味をもった。

加羽沢美濃さんという。クラシックに少しでも興味のある人なら当然よく知っている

人物なのだろうが 私は今回初めて聞いた。

ピアニストの彼女が奏でる曲目は「クラシックなんてぇ・・・」と敬遠しそうな私にも

なかなか良い感じを与えてくれる♪

ネットでみると 高島ちさ子さんと組んで行っているコンサートはとても人気なのだとか。

高島さんとコンビを組んで楽しくやれるということで 何となくイメージが湧いて来る様!

すでに福岡でも公演があったようだが もしまた機会があれば聞きに行ってみたいな。

その前にCDを借りてきてじっくりと聴いてみたい♪

2006年11月22日 (水)

アバウト

辞書の訳を見ると「およそ・だいたい・・・」と出ている。

やっぱり、私の性格って「だいたいこの辺で・・・OK」としてしまうところが多いんだよね。

「アバウトな性格なんだね」と言われる事件?(ちょっと大げさかぁ(*゜▽゜)が二件。

だらしが無いとは思わないけど 最後の詰めが甘いんだろうねと思う。

几帳面に数値を合わせたり、たくさんあるものを一件一件チェックしていく作業は

ちょっと苦手だなぁ。おおまかにまとめてOKなら良しとしてしまうのよね。

でも それじゃあすまない事もある\( ̄∀ ̄*)

一件は夫が、もう一件は友人がフォローしてくれて助かったぁ。

これからは アバウトはいけないなと思った。

一つ一つ気配りしながらチェックしていかなきゃだめよね。

2006年11月21日 (火)

笑顔がうれしい

お日様が覗いて今日は朝からいい天気。快調!

前回はトボトボと歩いていった道を今日はサッサと歩いて行くd(*⌒▽⌒*)b

今年最後の自分の受け持ちを明るい気持ちでこなせる事がうれしい!

講座が始まる前に一人の方がそばに来て

「この前の時に習ったのを家で作ってみたんですよ」と言って作品を見せてくれた。

とっても綺麗にできていて感激!

「暮れに送る荷物に入れてやろうと思って皆の分を作った」というのである。

お正月用の「箸袋」はきっと新年を祝う素敵なプレゼントになることだろう。

シニアの方向けの講座をする時に心がけている事は「家に帰って一人でできる

ように」と言う事。なかなか難しい事なんだけどこうして一人でも実践してくれる方が

いるとすごくうれしい気持ちになる。

終了後、入り口に立って受講生を送る時に笑顔で帰って下さる方達を見送るのが

私の喜びである。

2006年11月20日 (月)

元気の素

柄にも無く風邪で弱気になっていた私。ついブログで愚痴になってしまった。

でも、皆さんからのコメントやメールでの励ましの言葉にすっかり元気を取り戻しました。

お忙しいスケジュールの合間に書き込みして下さる皆さん、ほんとうにありがとう!

『元気の素』はここにありましたo(*^▽^*)o~♪

友のブログで懐かしい広島(宮島)の紅葉を見せてもらい、真っ赤に燃え立つもみじに

心が躍りました。九州ではまだこれから南京ハゼの紅葉が見れるでしょうか?

この雨でまた一段と寒さが加速し、月末にかけて紅葉が盛りになりそうですね。

元気になってまた楽しいお知らせができるように頑張ります。

皆様も 風邪ご用心ですよ~。

2006年11月18日 (土)

風邪

10日ほど前にひいた風邪がまだグズグズ治らないでいる。

熱は出ないので寝込むことにはならないのだが、今日はとうとうお腹にきてしまった。

食べると大変な事になるので朝から食べられず\( ̄∀ ̄*)

だが、今日はどうしても休めない講座で 最悪の体調のまま人前に立つハメになった。

大きい声を出すのがちょっと辛くていつもは使わないマイクを借りた。

始まればいつものように楽しくできるのだが終わったとたんにドッと力が抜けた。

皆さんに心配していただいて迷惑をかけた事で反省している。

これぐらいの風邪っていつもならすぐに治ってるのにね。

「エ~ッ? 年のせい?」この言葉は禁句にしたかったけどやっぱり~~

2006年11月16日 (木)

全国オフ会

所属しているパソコンクラブの全国オフ会に出席。

今年は倉敷での開催と言う事で福岡グループも大勢参加。

そこでバスをチャーターしてのツアーとなった。せっかく行くのだからと言う訳で

いつもお世話して下さるリーダーの下に結束してスケジュール表を作り、

宴会での余興を携えての楽しい旅となった。

関東・関西からの参加者が多く、ご夫婦での参加も数組あった。

懇親会は賑やかで さすがにパソコンクラブだけあってデジカメを撮る人が大勢。

私達の『どんたく隊』には皆様大盛り上がりで拍手喝さい・・・オーバーかな?

涙ぐましい練習の成果もしっかり発揮されて 最後の『博多手一本』の〆も

しっかり決まって良かったo(*^▽^*)o~♪

翌日の昼食お別れ会まで 日頃は顔を合わすことの無い方たちとの交流があった。

私が一番驚いたのは 日頃、パソコンに興味をもって生活に取り入れていらっしゃる

先輩方の若々しさ。この事は 普段接している福岡グループでも感じていた事だが

今回再確認!

初めて参加した全国オフ会だったがたくさんの土産話を持ち帰る事ができた。

2006年11月13日 (月)

クーポン券

情報誌やタウン誌、ネットのサイト等からのクーポン券を利用するのが得意な友が

誘ってくれていつもお得な情報を受けている。

今日も ランチで「コーヒーとデザート」がサービスになるクーポンを利用した。

食事のメインは お寿司。茶碗蒸しと赤だし味噌汁とここまでは普通よね。

さらに アツアツのショウロンポウが付いてるのに驚き!

店内の一角で 女の子がショウロンポウを一個づつ包んでいるのよ。

それを湯気の立つせいろでテーブルまで持ってきてくれるの。

「熱い肉汁がジュワッと出るので火傷しない様にお皿に取りながら召し上がれ」と

注意されるほどアツアツでジュウシィーなの。

細長い大ぶりの焼き物の器に綺麗に並んだお寿司も上品で見栄えがしたし

味ももちろん良かったけど、寒い時のアツアツがとっても美味しく感じた。

サービスのデザートは アイスクリームとアップルパイの盛合わせ。

コーヒーもたっぷり入っていてうれしい((o(^-^)o))

ちょっと足を延ばして大名まで出かけたかいがあったなぁ。

帰りに警固公園の所を通ったらクリスマスイルミネーションが飾られていた。

また、カメラを持ってゆっくり行かなきゃね。

2006年11月12日 (日)

プランターの整理

夏の間楽しませてくれた「フウセンカズラ」が茶色くなったので種取りをした。

狭いプランターの中で結構たくさんの風船の様な実をつけてくれた。

風船を開いて見ると「ワァッ! かわいいのね」d(*⌒▽⌒*)b

真っ黒い丸にハート型の白い模様が浮き出ているのよ。

この前の種は偶然にもらったものであまりはっきりした模様が見れなかった。

今日採った種は はっきりした形が浮き出ていてかわいい!

写真は ホームページに載せたよ~。

     http://homepage3.nifty.com/okki-no~egao/kaze005.htm

綺麗に根っこまで片付けたプランターには 次にビオラを植えた。

ムラサキ・ウスムラサキ・オレンジ・ブルーの4色。今年初めての挑戦。

ビオラはいろんな色があってうれしいよね。また、素敵な色を見つけたら

少しづつ追加していきたいなぁ。

2006年11月10日 (金)

紅葉狩り

秋の風情を楽しむ「紅葉狩り」に出かけた。総勢34名のバスの旅。

心配していたお天気も太陽が覗く上天気になり寒さも和らいで気持ちよく出発!

田原坂の見学では植木町出身の方の案内で 坂道を歩いてみた。

そこからフードパル熊本へ。ここはワイン工場や各種のレストランが集合している所で

試飲や食事ができる。産直野菜の直売所もある。

紅葉を見にいった菊池渓谷はまだ一部分しか紅葉しておらず残念な結果。

九州では やはりあまり綺麗な紅葉は見れないなぁ・・・・

「紅葉狩り」の言葉に当てはまるような紅葉は高地に行かなければ無理でしょうね。

最後の目的地は 黒川温泉。

川のほとりのもみじの木は綺麗に色づいていて こちらは大満足でしたd(*⌒▽⌒*)b

熱いお湯が心地良い露天風呂に入りのんびりしました。

いろんな人とおしゃべりして楽しかったわo(*^▽^*)o~♪

2006年11月 9日 (木)

博多が初めて(2)

承天寺には「饂飩蕎麦発祥の地」という碑も建っている。

承天寺の開山は聖一国師であるが この人が水車で製粉するための設計図を

宋から持ち帰ったと言われている。

つまりここから 粉を使った文化が広まったと言えるのね。

饂飩・そば・饅頭も 博多からひろまっていったんですって。

これは以外と知られていない事柄よね。

ところでこの博多うどんは すっごく柔らかいの。そして だしをしっかりとった

澄んだ薄味のつゆ。ゴボ天に博多ネギ。

でも、実はこの柔らかな饂飩は 私は苦手なのだが・・・・\( ̄∀ ̄*)

2006年11月 8日 (水)

博多が初めて(1)

まず初めてを挙げるとすれば 博多は日本で初めての

「国際貿易都市」だったということでしょうね。

そこからすべてが始まっていると言えるのではないかな。

貿易の窓口だったから いろんな物が輸入されて発祥の地になったのでは。

まず、博多といえば『博多帯』

博多織と呼ばれる織物技術も博多商人によって伝えられたもの。

博多鋏と呼ばれるハサミも一緒に伝わってきたと言う。鎌倉時代の事ですって。

ふるさと町屋館で博多織の体験をさせていただいた事があるんだけど

縦糸の本数が多くて、横糸を通しながら織っていくのね。

縦糸で柄を織り出していくのが特徴だと教えていただいた。

横糸が太くて結構力がいるなぁって思った。織り出されていく織物はしっかりした

締め心地の良い帯になるんだと実感。

デザインも創始者の満田弥三右衛門の作った図案を守っているのだと聞いた。

承天寺に記念碑がある。

2006年11月 7日 (火)

寒いけど

暦の立冬に合わせるように寒波がやってきた。

つい昨日まで 「暑い」なんていう言葉を使っていたのに 今日、皆の口から出るのは

「寒いね」という言葉。実際、歩いていても肩をすくめたくなるような寒さだった。

その上、今日は出かけた先でちょっと嫌な出来事があった(*゜▽゜)ノ

気を取り直そうと駅からの道を歩いて帰りながら上を向いて歩いたけど

寒さで気分も高揚せず、そのまま引きずって帰ってきちゃった(>。。<)

でもでも、さっきメールを開いてOK!

うれしいメールが届いていたからd(*⌒▽⌒*)b

こころがホッコリ暖かくなるようなメール♪*:・'(*⌒―⌒*))) ♪

なんて単純な わ・た・し なのでしょう、ウフフッ・・・

2006年11月 6日 (月)

香り

久しぶりに通った道に金木犀の木があって甘い香りを振り撒いていた。

以前は 芳香剤に使われているイメージが強くて濃厚な香りがあまり好きではなかった。

今日は少し曇り空だったせいもあり気分が下降気味のところに スゥ~ッと心地良い

香りが入ってきたようでうれしい気分になった。

そこから少し歩いていくと 今度は白っぽい花がついた木がある。ギンモクセイ?

香りは少ないが花はそっくりで白い色。こちらも大きい木だ。

キンモクセイとギンモクセイ。

今日の香りは 私を良い気分にしてくれたd(*⌒▽⌒*)b

2006年11月 5日 (日)

こぼれ話2

福岡に住むまで 「博多」という町がどんな存在かよくわからなかった。

福岡市の一つの区だと知ってちょっと驚いたものだった。

博多駅はあるが 博多町は無い(*゜▽゜)ノ

その後、市の名前を決める時のいきさつ等を知るに及び 博多の町は

名前はなくても確かに存在するのだとなんとなく納得。

「博多人形」「博多織」「博多弁」と全国区の「博多」はいろんな所で活躍してるよね。

「博多弁」と言えば 博多出身の芸能人のおかげ?でけっこう知られるように

なっているねぇ。私の好きな博多弁は 『よか(よ)』と『好いとう』d(*⌒▽⌒*)b

それから 「博多初めて物語」ができるくらい博多が発祥という物はたくさんある。

追々に紹介していくわね。

2006年11月 4日 (土)

こぼれ話

博多情緒めぐりのこぼれ話。

博多の豪商神屋宗湛と嶋井宗室。京都大徳寺の古溪和尚に所縁の二人だが

本能寺で信長が暗殺される前日の茶会に出席して寺に泊っていたそうな。

焼失する際に弘法大師の掛け軸を持ち出して逃げ帰り、東長寺に寄進した。

今では博物館にあるそうだが 貴重な掛け軸を助け出すとはアッパレな!

二人の屋敷跡には石碑が建っているので豪邸のよすがを偲んでみては?

海元寺。観音堂と閻魔堂が並んでいる。

閻魔大王は本当は地蔵菩薩が姿を変えているんだって。苦行の後にはきっと

極楽に導いてくれるんでしょうね。三途の川のそばで着物を剥ぎ取る「奪衣婆」に

「こんにゃく」を供えて願いを聞き入れてもらおうと年二回のお祭りがあるんだって。

1月・8月の16日。こんにゃくを供える人でいっぱいになるそうよ。

私も 「こんにゃくばあさん」にアクを取ってもらいに出かけてみようかしら?

「懐かしの博多写真展」

15日まで 「博多町屋ふるさと館」で展示中。

思い出深い博多の町を見れるかもしれないよ。 

2006年11月 3日 (金)

情緒巡り

前回に続き二回目の博多情緒巡り・小話コースに参加した。

今回は大博通り側をあるくコース。

櫛田神社を出発して聖福寺から幻住庵を見ながら裏通りを歩いた。

西門蒲鉾屋でひと息。西門はさいもんと読むそうで老舗の蒲鉾屋さん。

自家製造の美味しい蒲鉾を試食しながらお茶をいただく。

この家の方は皆さん芸能一家だとガイドさんがおっしゃるように飾ってある

写真には 三味線など楽器を持った姿が写っていた。

“チューリップ”の上田さんの実家だそうである。

そこから御笠川に沿って歩き石堂橋を渡り、いくつかの史跡を見て大博通りに

戻ってくる二時間歩きコース

大博通りは何回も歩いているのに、そこにある博多の古地図には全く気づいて

いなかったの(*゜▽゜)ノ

鎌倉時代の福岡は海が広がっている場所だったのが良くわかった。

その頃から 今も残る地名をたどっていると「へぇ~」と驚いてしまう!

詳しい写真はホームページに載せたので見て下さい。

http://homepage3.nifty.com/okki-no~egao/hukuoka/suito.html

2006年11月 2日 (木)

友に拍手

またメル友の話ですが・・・

遠く離れている友で ほぼ毎日ケータイでの定期便。

日記代わりのようにその日の出来事をメールしあっている。

障害者のためのいろんなボランティアをしている彼女に 私はいつもいろんな事を

教わるのだが、今回も学校で行われる著名な先生の講演会で聴覚障害児のために

筆記をしたというメールに感激! 

しかもその様子が講演者のブログに載っていると聞いてすぐに訪問してみた。

体育館に集まった生徒達に混じって 筆記している彼女が紹介されていた。

もう何年もその仕事に携わっているベテランの彼女だから落ち着いている様子が

伺える。隣にいる生徒さんの表情も明るいようだ。

「こうして人の役にたちながら自分の勉強にもなってうれしい」と こともなげに話すが

その裏には きっと地道な努力があったと思うわ。

最近は大きな会場ではパソコン筆記に需要が集まると聞いているが、こうして個人を

相手にする時は手書き筆記の方が温かみが感じられていいなと思う。

これからも健康に気をつけて頑張ってね。

2006年11月 1日 (水)

落花生

「メル友」と呼ぶにはちょっと恐れ多い大先輩であるが いつもユーモアたっぷりで

楽しく笑わせてくれるメル友がいる。

先日のメールに「落花生を収穫して落花生豆腐を作る」とあった。

「へぇ! 福岡で落花生なんて作れるの?落花生豆腐ってどういうの?」と返信したら

「落花生豆腐の作り方はご検索下さい。 簡単じゃろごたる!」と叱られてしまったよ~。

「はぁ~い。そりゃそうだ」と検索したら「なぁ~るほどねぇ」

有名な産地ではないけど どこだって作れるんだよね。収穫した生落花生は

いろんなものに加工されて美味しくいただけるんだ!“O( ^ - ^ )O”!

落花生が土の中にできる事は知っていたけど 実際に掘るところは見た事がない。

こちらも写真で確認(((*⌒―⌒*)))

綺麗な黄色い花が咲いた後に 子房柄と呼ばれるものが土の中に潜って行き

実を付けるという不思議な植物!驚くべし落花生(*゜▽゜)ノである。

当たり前の事だが、生の落花生を種にして植えれば植木鉢でも落花生ができる

んだよね。ただし、土に潜るので十分な広さは必要でしょうね。

じっと見ると実の形も面白いよね。硬い殻・中の実も薄皮に包まれてかわいい。

そして 栄養価も高い! 素晴らしい落花生についての知識が得られた事に

感謝だよ~d(*⌒▽⌒*)b

『簡単じゃろごたる』と叱ってくれてありがとうねぇ。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »