2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

マイホームページ

無料ブログはココログ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

ラムネ温泉

関東地方まで梅雨明けしたというが すでに猛暑の気配である。

汗をかいた後には入浴がうれしいが 今日の温泉は夏場にもってこいの温泉だった。

長湯温泉にある『ラムネ温泉』

湯温は32℃なので 初めはヒヤッと感じる。 

浸かっているとみるみるうちに体中に泡が付いてきて 体を動かすとシュワッと泡が

たつ。このシュワシュワが面白くって何度もこすってみるd(*⌒▽⌒*)b

ほんとうに『ラムネ』の中に入っているみたいなんだよね。

冷たく感じたお湯もジワッと温まってきて気持ちがいい。

露天なのでゆっくりと浸かっていられるが30分ほどしたら出たほうが良いと注意書き。

いったん出て内湯の方に入る。

こちらは褐色のお湯が熱いくらいで これもまた気持ちがいい。

ここではシャンプーや石鹸は一切使用できない。

「体を洗うのではなく、心を洗ってください」と言う事だそうである。

また露天に入り、シュワシュワを楽しんでからあがった。

外に出るとサラッとしていて汗が出ない。この温泉は夏にはいいよ~。

2006年7月28日 (金)

ミイラマスク

テレビでおなじみの吉村作治のエジプト発掘展を見に行った。

夏休みとあって子供連れの母親が多く賑わっていた。

吉村さんは10才の時から持ち続けた夢を実現して「エジプト発掘」に携わり、

数多くの貴重な品々を発掘したそうです。

今回、福岡で世界初公開されている「セヌウのミイラマスク」は話題となってるよね。

青い綺麗なマスクで発見された時のビデオを見ていると興奮が伝わってくるようだった。

遺跡の発掘作業って気の遠くなるような地味な作業だなって思うんだけど・・・

時には こういう大発見もあるんだね。

2006年7月27日 (木)

にこにこ

朝から快晴。

真っ青な空に入道雲がモクモク!

九州は梅雨明け宣言も出された、夏本番。

夏休みに帰省して来る息子一家や両親と行く家族旅行の予約は三ヶ月も前から

していたが 今日、確認の電話があった。そうか後二週間だものね。

さあd(*⌒▽⌒*)b 今年の夏もしっかり遊ぶわよ~o(*^▽^*)o~♪

2006年7月25日 (火)

頑張った仲間

今日は 講座の最終日、資格取得試験だった。

試験が始まると 皆の緊張がこちらにも伝わってくるようでなんだかドキドキ。

後ろに立ってチェックしながら  「落ち着いて・・・」

これまでの皆の頑張る様子を見てきているので祈る気持ちになる。

ここまで頑張って勉強してきたんだからきっと大丈夫!

この一ヶ月間でまた一段と深まった仲間の絆がこれからの活動をより楽しいものに

していく事を信じよう!

2006年7月24日 (月)

いさき

釣り魚の「いさき」を主人が会社の同僚からいただいてきた。

電話で「今夜はイサキの塩焼き!」と連絡があったので楽しみに待っていた。

一匹?  でも ずっしりと重い。

いそいそと袋を開けると「わぁ! 大きい\(~o~)/」とびっくり。

まな板に乗せるとはみ出しそうに大きいのよ~。

物差しをもってきてはかると37cm.! すご~い!

こんなに大きいイサキは初めてよ~。

九州ってこんなに大きな魚が普通に釣れるんだぁ・・・すごいね!

じっくりと焼いて味を楽しむ。さっぱりと淡白な中にしっかりとイサキの味。

焼き魚の好きな私は大満足でした。

2006年7月22日 (土)

ちょっとしたうれしい事

今月号の書道の成績を見たら「写真版」に載っていた\(~o~)/

ワ~ッ! うれしいなぁ。

転勤であちこち引越ししながら過ごしてきている私だが その中でもずっと続けてきている

「書道」。成績は それぞれの会で同じ級を何回も繰り返してなかなか上がらないけど

それはそれで 仕方がないと思っている。

今までに6人の先生に教わっているが どの先生も素晴らしい方たちで「書」以外にも

たくさんの事を教わってきた。仲間もたくさんいて励ましあいながら練習に励んでいる。

たまに こうしてうれしい事があると 単純な私は「うん、もう少し頑張ろう!」と言う気に

なるのよね。

さらにうれしい事に 同じ教室の友人も写真版に載っていた。

これは なかなか無い事で先生がきっと喜んでくれるだろうと思った。

2006年7月20日 (木)

アナログ時計

たん子さんのブログに遊びに行って 時計についてのおしゃべりがはずんだ。

二人とも デジタル時計の『結果だけを知らせる冷たさ』よりも

アナログ時計の『長針と短針の形で知らせる優雅さ』が好きだと言うd(*⌒▽⌒*)b

初めてデジタル時計を見た時は 「へぇ~っ、すごいね」って思って 感心したわよ~。

しばらくは 「便利ね」とも思ったの。でもね・・・・

時刻を知るだけならいいけど、時間を見るには不便だなって思った。

あと何分?って すぐにピンとこないもんね。それに 数字だけってつまらないよね。

我家に何個時計があるか数えて見た。掛け時計2個、置き時計1個。

すべてアナログだったわぁ~。

でも、目覚まし時計は 携帯電話! なのでこれは デジタルだったのぉ・・!

2006年7月18日 (火)

偶然!

駅への道を歩きながら 分かれ道のところで立ち止まり、ふとある友人の事を思った。

同じ時間に講座がある事が分かっていたから もしかしたら出会うかもしれないなって。

いつもバイクでここから曲がっていくよねと思いながら通り過ぎた。

ホームに入り、少し間があったのでベンチに座ってボ~ッっとしていると

階段の方から  なんとまぁ! 彼女が歩いてくるではないか!

お互いに 「わぁっ、どうしたの? 偶然ねぇ」とびっくり。

その前に 道を歩きながら彼女の事を考えていた私はもっと驚いたよ~。

「帰りに用事があるから電車にした」と言う。

ウ~ン! 私の念力で呼んだわけじゃあなかったのよね。

2006年7月15日 (土)

追い山

見ましたよ~! 山笠の最終日。

午前4時に家を出て博多駅に着くと もう人がぞろぞろ歩いてました。

初めの予定では移動しながら見ようかと言ってたけど 考えを変えなくちゃと急遽変更。

承天寺に向った。そこも もちろん大勢の人達だったけど上手く良い場所が見つけられて

良かった。

うっすら空が白み始めた頃、一番山が駆け込んできた。

「オィサッ! オィサッ!」の掛け声も勇ましく、一tもの重さの舁き山が動いてくる様は

何と行ったらいいのだろう?

観客からの拍手も沸き起こり 勢い水もジャンジャンかけられて「祭り」は絶好調。

五分おきくらいに次々に山が駆け込んできて 七つの流れが競った。

そこからすぐに大博通りに移動して 『上川端通の飾り山』を見た。

山を舁く男達の熱気と見物人の多さに驚き、感動し、熱い朝が終わった。

山笠が終わると博多の町に夏が来る。

2006年7月14日 (金)

暑い一日

三日間ほど ココログのメンテナンスがあり、ブログの書き込みができなかった。

「いつまで続くやら・・・」なんていう思いで始めたブログだが 書き込みできないとなると

何だか寂しくって・・・ ウフッ! 私もハマってしまったかな !“O( ^ - ^ )O”

ここ数日の暑さは 慣れていない体にこたえるよね。

たぶん家にいたら だらけてしまうでしょうけど、幸いな事に毎日用事が次々とあって

だらけている暇がない。

その一つが 三月に引き続き行われている「資格試験講座」のお手伝い。

今回も七人が受講されるのだが 皆さんの熱心な様子には感激である。

『試験まで後10日』と 私まで日にちを数えてしまう。

普段あまり強くは感じないプレッシャーと ピンとはりつめた緊張感。

この雰囲気は悪くないなぁ。今日も一緒に勉強会!

暑さに負けずに頑張ろうねd(*⌒▽⌒*)b

2006年7月10日 (月)

ケーキ屋さん

「とっても美味しいケーキ屋さんがあるよ~」と言う口コミで買いに行ってみた。

住宅街の中にある普通の家。小さな看板が出ていなければ全く分からない。

でも、そばには 三台ほど車の停まれる専用駐車場があり、かなり出入りが激しいので

「あぁ~、やっぱり評判なのねぇ~」と思った。

敷石を踏んで玄関へ。引き戸を開けると「ケーキ屋さん!」

ロールケーキ・シュー・シフォン・プリンの四種類。

どれも綺麗な色で 見るからに美味しそうなの。

賞味期限が短いものばかりなので お味見程度に全種類を買った。

食後、ウキウキとシューを食べてみる。

甘さはおさえてあり、香料の香りも全くしないのに クリームの美味しさが何とも言えない。

つい、プリンにも手が出てしまった。いつもは食べない夫も「半分頂戴・・」と言った。

有精卵の力だけで焼き上げたお菓子という説明を見て納得した。

浜玉町の『たまご色のケーキ屋さん』

近くに行った時には 寄ってみては? お薦めです。

2006年7月 6日 (木)

ミニ音楽会

友からのお誘いで「マカオの夕べ」と題したミニ音楽会に出かけた。

マカオはポルトガルの影響が色濃く残る町で 東洋と西洋の出会いの地だということから

中国音楽とポルトガルギターの調べを楽しむ音楽会だった。

マカオの風景を写しだす画面を見ながら 音楽を聴くというのも良かった。

演奏される楽器も普段あまり馴染みのない珍しいものだった。

中国楽器の 二胡・揚琴・笛子での演奏は 軽快なタッチの曲に始まり、

それぞれの楽器の説明と ソロ演奏。

ポルトガルギター・マンドリンは ファドの曲を中心に演奏。

最後に 五人でアンサンブル♪  これが 素晴らしかった。

こういう組み合わせの演奏は 初めての出会いなのでは・・・・

2006年7月 5日 (水)

山笠の季節

去年の7月1日は、その日を待っていて飾り山を見に行き 端から順に歩き回り

写真を撮った。確か、お天気も良くて暑い日だったと思う。

今年は、もう5日になるのにまだ、一台も見ていないのよ~。

博多駅までいっても 博多口に回る余裕がないのよね。

今日の新聞に全飾り山の写真が出ていて 「ウ~ン! 見たいなぁ」って

思ったけど 「それじゃぁっ!」 と出かける気になれないでいる。

お天気も悪いし、やらなくちゃいけないことも溜まっているし、何より何だか

体が疲れてる・・・・

あと10日もあるんだから まだチャンスはきっとあるよね。

そうそう、今年の追い山は土曜日。夫と共に早朝の見物にチャレンジの予定。

2006年7月 4日 (火)

お花の絵

ビオラさんのブログで「グロリオーサ」の花の写真を見た。

初めてこの花を見たときの色と形に ほんとうに見とれた事を思い出した。

「そうだ! Word絵を描いてみよう」と思った。

オートシェイプのどれを使おうかな?と考えている時は楽しいのよね。

ひとつのシェイプだけでは無理な時に 二つ以上を重ね合わせたり、

組み合わせを考えるのもいいのよね。一番大変なのは色。

自然の色は出せないから自分のイメージで色を付けていく事にしている。

花、葉、茎などの部品を作って それらを組んで花を描いていく。

下手な絵でも 出来上がった時のうれしさはひとしおである。

そしてHPに載せたり、友への絵葉書にしたり・・・楽しみは続く。

私にWord絵の楽しみを教えてくれた大先輩のTさん、ありがとうございます。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »