2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

マイホームページ

無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

戒壇院

思いがけない事で 戒壇院の中を見せてもらえることになった。

住職様が詳しく説明して下さり、なかなか見れない所を見せていただいた。

中に入ると三方向から小さな階段が付けられていて ちょっと高くなった所が

「戒壇」で 石が敷いてあるのにびっくりした。

立派な本尊は、平安時代の作で「毘盧舎那仏」。両手を胸の前でふっくらと何かを

包み込むような形にしているのが印象的。

遠い昔、鑑真が帰化後初めて授戒を行ったそうだ。

奈良の東大寺と栃木の薬師寺と太宰府が「日本三戒壇」とされている。

入り口の両脇には 弘法大師と鑑真の像が安置されていた。

江戸時代からは 観世音寺から離れて 禅宗となり、現在まで続いている。

日曜日の朝は座禅会が開かれるということだった。

境内の菩提樹の樹は たくさんの実をつけていた。

花の盛りにまた訪ねてみたいな。

2006年6月29日 (木)

満足感 

梅雨の中休み? とっても暑い一日。

今日は 晴れて良かったとうれしい気分で出かけた。

といっても遊ぶのではなくて 「書の錬成会」

秋に公民館で展示する作品作りのために 先生のお宅で一日「書三昧」することに。

いつもは各自で静かに練習。時間も二時間程度なのでなかなか大作は書けないのだが

今日は時間もたっぷりあるし、皆で揃って大作作りに励もうと言う訳で張り切っていた。

ズラリ並んで一斉に書き始める。

「ウ~ン! なかなか上手くいかないなぁ」

「わぁ~! それいいじゃなぁ~い」 等など おしゃべりも弾み、いつもとはまた

ひと味違う練習風景となった。

大きな紙に勢い良く書かれる先生の筆運び、リズム、腕の動きを間近に見せて

いただきながら一同感動。

一人静かに書くのもいいけど こうして 皆で書くのも楽しいもの。

各自がこの一枚の清書を仕上げて錬成会が終わった。

それなりの満足感!

2006年6月28日 (水)

ハーブティー

友人宅からの帰りは徒歩にした。

往きに乗ったバス通りを帰るのもつまらないので 脇道にそれて歩いてみた。

色とりどりの花が咲いている庭をながめ、道端の花を観察しながら行くと

小さな喫茶店があった。メニューを書いた黒板が表に出ていて

「ハーブティー」という文字が目に入った。それも面白い名前付きなのよ。

『快晴茶』  『涼風茶』  『妖精茶』 ・・・・ ハーブティをどうぞ!・・・・・

昨日の続きで 『涼風茶』は『ミントティー』だねって すぐに思ったの。

他の二つは何かしら?

ローズマリー? カモマイル? セージ? レモンバーム?

ハーブの名前を思い浮かべたけど ピンと来なかった。

何だと思いますか?

2006年6月27日 (火)

ハッカ

北海道のおみやげに「ハッカ飴」をいただいた。

袋の模様も薄い緑色が使ってあり見るからに爽やかな感じがする。

特有のいい香りがして 紙を剥くと透明感のある葉っぱの形がかわいらしい。

口に入れるとス~ッとしてヒンヤリ感もある。

「PEPPERMINT」と書いてあったが それは「西洋ハッカ」で もともと北海道の

北見地方では「ジャパニーズミント」(和ハッカ)の栽培が盛んだったそうである。

子供の頃は 三角形の白いハッカ菓子があり、中に紅色が1枚あるとそれを

弟と取り合ったりしたよね。

ペパーミントは 身近に良く使われているハーブで この季節には特に香りが

喜ばれる。葉の濃い緑色もいっそう爽やかな感じを引き立てていると思う。

ミントティーも 楽しいね。

2006年6月26日 (月)

パソコン勉強会

私は、普段はWordを使う事が多くて、夫からは「そんなのはExcelでやればいいのに」と

よく言われている。でも 何だか敬遠してしまうのよね。

今日のExcel勉強会では、計算やグラフやデータベース機能の他にも 楽しくExcelを使う

方法は 工夫次第でたくさんあるという事を教わった。

基礎を学びながらの『シール』作りで セルを利用してオートシェイプでシールの枠を

作り、それぞれにオリジナルのデザインを工夫して作り上げた。

いろんな場面で活用できるのでとてもうれしい勉強会だった。

2006年6月24日 (土)

三丁目の夕日

映画を見損なったので DVDを楽しみにしていた。

人気のDVDなので 何回か出かけても借りられずガッカリ。

今日も全部貸出中で「あぁ~ざんねん」と思いながら それでも帰りがけにまた寄ってみたら

一枚だけ戻ってきていて うれしぃ~。

『ALWAYS 三丁目の夕日』

東京タワーに懐かしさを感じる世代。

同世代の主人と「そうそうこんな風だったよね」とうなづきあいながら見た。

「初めて○○が家に来た日」の喜び方が実感として分かるのよね。

ホロリとしながら見終わって 子供時代を思い出し懐かしかった。

2006年6月22日 (木)

雨に濡れてる

梅雨入りしてからも ほとんど雨の降らない状態が続いていたけど とうとう降りだした。

昨日は 突然ザアザア、と思うと 10分くらいでカンカン日が照り、またザアザア・・・

今日は どうかな? と心配しながら出かけた。

午前中で用事がすんだので 傘は持っていたけどささずにすんで良かったと思いながら

帰宅した。少し遅めの昼食を食べているとすごい雨音。

あわてて外を見ると 今までの分を取り返そうとするかのような強い雨が降っていた。

背振の山の方は真っ黒い雲で覆われ、向かいのビルの屋上に叩きつけるような雨脚。

斜め向かいのマンションのベランダのてすりに洗濯物がぁ・・・・

「わぁ~、雨にぬれてるぅ~」      取り込むのを忘れたのかな?

週末から来週の天気予報はすべて『かさマーク』 梅雨本番ね。

2006年6月21日 (水)

放置自転車かなぁ?

駅の手前の道路は いつも自転車がたくさん停めてある。

この場所に駐輪しないようにという注意書きがあっても 平気で停めてある。

いつもは 一段高くなったところにわざわざ乗せて置いてあるので

それほど気にならなかったのだが・・・・・・

今日は ひどいことに道路の真ん中辺りまで自転車が倒れて置いてあった。

高くなっているところは 工事中の幕がはってあり、置けないようになっていた。

それなら 少し先に立派な駐輪場があるんだから そこに停めればいいのにと

何だか腹立たしい気持ちになった。

駅前の駐輪場は 屋根も付いていていいのになぁ。

今日、道路にはみ出していた自転車は もしかして放置自転車?

まだ 十分に乗れそうな自転車がたくさん置いてあったけど?

だとしたら こんな事でいいのかなぁ?

2006年6月20日 (火)

地下鉄一日乗車券

地下鉄の全線が一日600円で乗り放題のチケットがあるのを知ってる?

今日は それを使って友人達と地下鉄七隈線沿線のぶらり旅をしたのよ。

まずは 空港線で博多駅から天神駅へ。七隈線に乗り換えて 終点の橋本駅まで。

橋本車両基地では ビデオや係員の方の説明を聞いて中を見学した。

なかなか見れないような電車のすぐそばまで行って写真を撮ったりしたのも珍しい体験。

ヘルメットを被っての見学にはしゃぎながら ワイワイがやがや・・・・

子供に帰ったようで楽しい時間を過ごした。

別府で昼食。桜坂まで戻って 薬院まで歩く。 

チョコレートハウス「cacao romance」でひと息入れて 浄水通りを散歩。

周囲の建物も素敵で キョロキョロしながら おしゃれな街を感じていた。

そこを抜けて 薬院に出ると今度は庶民的なお店が待っていた。

「東屋」というパンやさんでは 飾らない中に美味しそうなパンが手ごろな値段で

並んでいた。食べ物を買う時になると うれしそうに張り切るよね。

〆は「餃子の李」で夕食のために餃子を買う。

食べ物はもちろん、今日はたくさんの収穫があった。

一日乗り放題の切符はフル活用されて 記念に引き出しにしまわれた。

  「一日乗車券」は カードタイプと切符タイプがあり、券売機か窓口で

  販売されています。

  カードは前もって購入しておけます。

2006年6月18日 (日)

また、ネーミングについて

昨日は、時間に余裕があり、とりためたビデオを見ていたら「ネーミング」についての

面白い話があった。

名前を付けるときには いろいろな条件を考慮するのだが 「音」そのものが持つ

性質も重要な要素になるそうである。

発音や発声方法がそれぞれに違っていることが大きな要素になっているとか・・

例えば 「た」と言う音は「上の歯の裏に舌をつけてはじくように音を出す」

「し」と言う音は「喉の奥から息を押し出すようにして音を出す」

というように音それぞれの持つ違いがあるので それぞれに 強い音、

優しい音があるんですって。

それを組み合わせて名前を付ける訳だから 強い音同士の組み合わせなら

より強い感じになるって訳よね。

「う~ん、なるほど」と納得したわ。

ネーミングの研究所というのがあって 新商品のネーミングを付ける時には

活躍しているんだって。

2006年6月16日 (金)

ネーミング

会合の後のお茶の時に 洋菓子と和菓子があった。

どちらも 同じお店の物と聞いて 驚き! そういえば 洋菓子・和菓子共に有名って

いうお店も案外多いよね。それぞれに名前をつけているから気づかないのだけど。

「いしむらまんせいどう」という古めかしい名前と「ボンサンク」というおしゃれな名前。

いつも「福岡のお店のネーミングって センスあるなぁ」と思っているんだけど

同じ店で二つの顔を持っているなんて ちょっと素敵な感じがしない?

それにもちろん、『エクレア』も『大福」も両方美味しかったわよ~。

2006年6月15日 (木)

折り紙

今日の親睦会で 折り紙を使った遊びをした。

まず、全員が自分自身で「折り紙のおすもうさん」を折ることから始まる。

折り方はそんなに複雑ではないが 何せ久しぶりに折り紙に触るので

なかなか思うように進まない。角をキチンと揃えて折るのも案外難しいものだ。

折り方の説明図を見ながら ワイワイ ガヤガヤ・・・

ようやく出来上がったのを見ると それぞれに何だか個性的で面白い。

次に それを使っての相撲大会!

土俵もティッシュペーパーの箱を利用して作ってあり、本格的。

取り組み表に従って 試合開始。

「はっけよい!のこったのこった!」と掛け声も入って 皆楽しそうに遊んだ。

取り組みしている時の顔は以外と真剣で 必死だったよ~。

今日は あまり騒げない場所での親睦会だったので おとなしく遊べる物という事で

折り紙を選んだのだが これは とてもいいアイデアだったなぁと思った。

何かの会合の時、ぜひ取り入れてみては いかがでしょうか?

2006年6月14日 (水)

うれしいな

去年の旅先で出会った 大きな「フウセンカズラ」の実。

とっても大きくって感激してたら 「種をどうぞ」といって 採ってくださった。

大切に持ち帰り 春にプランターに植えてみたら しっかり芽を出して 

今、20センチくらいに伸びている。

ヒゲのようなツルも伸びてきてなんだかワクワクする。

そろそろ 支柱を立てて絡ませてやらないといけないよね。

大きなフウセンができるかしら? 楽しみよ~。

2006年6月13日 (火)

元気でいてね

今日は 天神まで出かけてショッピング。

「父の日」の義父へのプレゼントを買った。

84歳の義父は 元気溌剌。

毎日の散歩と畑仕事と碁会所での囲碁を楽しみにしている。

そして 日本酒を熱燗で飲むのが大好きである。

夏でも 燗をしてゆっくり味わって飲むのがいいらしい。

飲むと饒舌になって 気分よくなると 歌がでる♪

十八番は 何故か「みかんの花咲く丘」! ちょっと寂しい思い出の歌。

「いつまでも若々しいお義父さんでいてください」とメッセージを添えて

プレゼントを贈った。

2006年6月10日 (土)

筋湯温泉

携帯から。梅雨入りしたけど 何だか天気はいいみたいだったので 久々に水を求めてのドライブに出かけた。男池湧水できれいな水に感激しながら汲んだ。せっかくくじゅうまで来たので近くの温泉に泊まることにした。今夜は筋湯温泉。静かな川音を聞きながら ゆっくり露天を楽しもうと思う。運が良ければ蛍?と期待してみようかな。料理自慢の宿で楽しみがいっぱいです。

2006年6月 7日 (水)

長い一日

レディースデイの水曜日は映画を見に行くチャンス!

なかなか友人と空いた日が合わなくて苦労するのだが・・・・

今日は混む事を予想して 朝一番の時間で「ダビンチコード」を見た。

余裕を持って行ったので良い席を確保。帰りに見ると次の回は長い列が続いていた。

映像で見る迫力や楽しみはそれなりにあったが やはり小説の方が数段良いと思った。

本を読んでいなかった友は「内容を把握するのにとまどった」と言っていた。

ランチは gate'sビル(元の玉屋)の6階「SLOW」へ。バイキングスタイルで4時まで

OKだというので のんびり食事とデザートとおしゃべり。

部屋も広くてゆっくりできるし、料理の品数も多く、対応も親切で良い雰囲気。

その後、一人の友が 「櫛田神社に行ったことが無い」というのでびっくり。

「何年博多に住んでるのぉ! 行っておかなきゃ駄目ッ!」と言う訳で川端商店街を

ブラブラ歩いて櫛田神社へお参り。桟敷席の建設が始まっているのを見学してから

町屋館を覗いた。博多帯を織っていたおじさんに「体験してみなさい」と言われて

機織り体験。足も手も頭も使ってまごまごしながらパタンパタンとやってみた。

難しいもので ほんのちょっとしただけで緊張して汗だくになったわ。

あれこれ いろんな体験の長い一日だった。

2006年6月 6日 (火)

IE7にバージョンアップ

さっきパソコンを起動したら Internet Explorer7へのバージョンアップ画面が

出ていたので さっそくインストールしてみたら ツールバーがすっかり変わっていた。

ずいぶん整理されてスッキリした印象になっている。

「お気に入り」が二重にあって煩わしかった点も改善されて 固定したい人はできる

ようになっているのもいいね。

ツールの部分は できるだけ簡素にして画面を大きく使えるようにした方がいいなと

思っていたので とてもいい感じ。

でも 慣れるまでは 少し戸惑うかな?と思いながら 新しい画面をながめた。

何かを始めたい

今日届いた友の手紙より・・・

「お仕事を辞めました。・・・・やりたいことがいっぱいあって何から始めたらいいかな。

自分で何か長く続けられるものを探したい・・・・」

何度も読み返して元気パワーをもらいました。

そうよね、これから始めたって まだ何年もできるんだよね。

いっぱいあるやりたいことって何かなぁ?

今度聞いてみよう。

2006年6月 4日 (日)

動植物園へ

お天気は曇り空。気温はちょうど良し、と言う訳で 動物園往きを決めた。

福岡は町の中心街近くにあるのを知っていたのだがなかなかチャンスが無くて

まだ行っていなかった。福岡市動植物園と動物・植物の両方が同じ敷地で

つながっているのでとても便利。

動物園は気温が高いと匂いが気になるし、低いと動物達の動きが鈍いしと言う事で

なかなかちょうど良い時期がないんだよね。

今日は最適の日。夫と二人で行くのは初めてだ。

街中なのであまり期待していなかったのだが、カバ・キリン・ぞう・ペンギン・ライオン・

とら・さい・・・・と結構たくさんの動物たちがいてびっくりした。中を歩くのもいい運動に

なったしね。たくさんの家族連れが思い思いにお弁当をひろげながら昼食も楽しんでい

た。私達も植物園の花の中でお弁当を食べた。

暑くも無く、歩いても汗ばむ事も無くて良い日和だった。

温室のブーゲンビリアが綺麗だった。

こんなに近場で気楽に行けるなら時々寄ってみたいなぁと思った。

2006年6月 3日 (土)

麦秋

背振りのトンネルを抜けて吉野ヶ里の公園の方へ行って見る途中で 麦畑を見た。

佐賀平野はまさに「麦秋」・・・麦が熟して畑が黄金色となる季節である。

遠くから見ても金色に光る畑がキラキラしている。

今週は 思いの他に良い天気が続いて 今日は麦の刈り取り日よりだったのかな?

自然のうつろいは 理に適っていて感心する。

田んぼに水が入るとカエルが鳴きだし、しばらくすると蛍が飛び交う。

蟷螂が姿を見せ、紫陽花が咲き競う。

季節感がなくなったと思う昨今だが やはりまだまだ四季折々の特徴はあるんだよね。

2006年6月 2日 (金)

山に登る

この時期の九州の山は ほんとうに綺麗なお花畑のようだ。

低い山から徐々に咲き始めて 次第に高い山にと移っていく。

中でも「ミヤマキリシマツツジ」と「ヤマツツジ」の群生は見事である。

山登りの好きな人は 案外多い。健康のために登っている人も多いみたい。

「この間、○○山に登ってきた」「あら、私も登ったのよ」そんな会話が聞かれる。

今日も 友人達との会話に山の話題がチラホラ・・・

週末は 九重山の山開き。

きっと大勢の人達がゾロゾロと登っていくんでしょうね。

そんなに高い山でなくても 近くの天拝山に繰り返し登っている知人もいる。

足腰を鍛えるためにと言っているが頂上からの景色を眺める気持ちの良さも

きっと行動を起こすパワーだろうなと思う。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »