無料ブログはココログ

マイホームページ

« 節分 | トップページ | チョコレート »

2006年2月10日 (金)

桐野夏生の本

素敵な本に巡り合うと、その作者の別の本も読みたくなる。

小川洋子さんの本を図書館で借りついでに 除籍図書の中にあった桐野夏生さんの

本をいただいてきた。「OUT」、「玉蘭」、「グロテスク」と読んで 気になる作家だった

ので得した気分。

そんな気持ちが通じたのか 友人がお姉さんから薦められたという本が話題になって 

彼女の本を貸してくれた。

「魂萌え!」

主人公の夫の突然の死から始まる小説は グングン私の心をひきつけ読みふけった。

夫との事、家族との事、友人との事、同世代だからわかる心の動きがあった。

同じじゃないけど、自分にも起きるかもしれない事だと思えた。

久々に 小説の中に入りこんだね・・・・

また、別の本が読みたくなった!

« 節分 | トップページ | チョコレート »

コメント

桐野夏生さん~直木賞の「柔らかな頬」しか読んでいません。
ちょっと結末がはっきりしなくて消化不良のような感じがしました。
でもオッキィさんのこの日記をみてまた別のものも読みたくなりましたよ~!

「OUT」も サスペンスタッチで ちょっと怖さがあり、面白く読みました。
除籍図書でもらった本は「ファイアボールブルース」です。
評判になった本も そうでなくても
自分の好みに合う本に出会うと うれしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 節分 | トップページ | チョコレート »